生きるのが下手くそなエッセイ

人生に悩みまくりの僕カシコが、エッセイやコラムを気が向いたときに書いていきます

お金を稼ごうとしなくなったら、僕の人生が楽しくなった

男性が勢いよくジャンプする画像


お金。

資本主義真っ只中のこの社会において、めちゃめちゃ大事なものだ。お金がなければ生活できないし、ちょっとした遊びだって困難になる。さらに言えば、それはステータスの一つとも言えるかもしれない。

僕もお金は好きだ。正確にいうと、お金を使って商品やサービスを買うのが好きだ。好きな漫画や映画、音楽なんかにお金を払うことでアクセスできる。さらに、その製作者の生活の糧になる。すごい、気持ちを届けてくれるお金というシステムすごいぞ。

でも僕は昨年から、お金を稼ぐことに執着するのをやめた。なぜならそれはつまらないものだったから。

自由のための副業計画

昨年の4月。僕は副業に燃えていた。正確にいうと、「今年は副業で稼いでやるぞ!」という風に、目標を持って燃えていた。今行っている本業は副業が可能なため、どんな副業をしてやろうかとニヤニヤしていたのだ。

僕が副業を行おうとした理由はとてもシンプルで、自由に使えるお金を増やしたかったからだ。将来、海外にいくことを目標としているため、それ用のお金を溜める必要があり、給料のそれなりの部分を貯金に当てている。しかしそうすると、諸々の必要経費を引いた後に残る金額は、自分で自由に使うにはかなり心許ない額だった。

もちろん毎月の貯金額の設定が高すぎたり、お金がないのにローンを組んでPCを購入したりしたことには、大いに反省、および改善の余地があるだろう。ただもうローンは組んでしまったし、貯金の計画も割と覚悟して始めたことだったので、それらを見直すという発想には至らなかった。

そんなこんなで、自分の好きなものを買ったり、見たり、聞いたりするために、僕は副業を始めようと決意した。とは言っても、今更アルバイトをするのもつまらないと感じたため、僕はいわゆる在宅系の業務で副業につなげようと考えた。

在宅副業のススメ

在宅で副業、もっと言えば在宅でできることでお金を稼ごうとすると、そんな方法はわんさかと検索に出てくる。○ヶ月で△万円!とか、一年で□十万円とか、そんな胡散臭い数字が、ド派手な文字とともに並ぶ、皆さんご存知のあの光景だ。

しかし僕はこれまでも在宅作業でお金を稼いだ経験があったため、それらに惑わされることはほぼなかった(0ではない)。その経験から僕が副業につなげようとして力を入れたのが、映像と文章だった。

映像は趣味で定期的に制作している感じで、今までに知り合いから案件を受けたりもした。ましてや現在はYoutubuブーム真っ只中。需要がありまくりだろうということで、一つ目の副業の柱とした。

文章に関しては、今までお金につなげたことはなかったが、自信はあった。かつて記事にしたこともあるが、簡単に言えば、中学校で賞を取ったり、大学院での論文や執筆で、自分の文章力を感じられたからだ。しかも最近はnoteというサービスがあって、それで稼ぐことも可能らしいという噂も聞いていたので、文章を二つ目の柱とした。

こんな流れがあり、割と経験値のあるものから副業につなげられるようなルートが見えていた。別に大金を稼ぎたいわけじゃない。でもこれで月に数万とかもらえれば、いろんなものが見れる、聞ける、買えるなぁとワクワクして副業生活を始めた。

稼げぬなら、稼ぐまでやろう、副業を?

案の定だろう。全然稼げなかった。映像はクラウドソーシングに登録し、文章はnoteで販売をした。しかし全然稼げなかった。というか、一個も案件が入らなかった。そこでなんとか案件につなげようと、「無料でやります!」と言ってみたりとか、noteの記事販売以外の機能で収益を出そうとしたりした。

しかし、結局最後まで案件が入ることはなく、一円たりとも稼ぐことはできなかった。ただここで僕は諦めなかった。ここで諦めてはいけない、改善点を解消して、次の行動に移していけば、きっといつか案件が入り始める。一度案件の波ができれば、あとはきっと問題ないはずだ!という謎の自信と共に、僕は副業に繋がるであろう作業を進めた。

Twitterで集客を図ったり、似たようなことで稼いでいる人のノウハウを調べたり、どんなところにニーズがあるかを調べたりと、関係ありそうなことには手を出し、試すということを繰り返した。確かに少しずつ見てくれる人は増えていった。多分、うまくいけば数百円単位の稼ぎは出るだろうというところまでいった。でも繰り返し繰り返し、調べては試し、調べては試しているうちに、なんかつまらなくなってしまった。

アルバイトした方が100倍まし

当時の僕は、副業につなげる=ニーズのあるサービスや商品を提供する、という風に考えていた。もちろんこの発想は間違っていないのだけれど、これだけしかしていなかった。つまり、自分の映像や文章のスキルをあげることよりも、よりニーズに即したものを作ることだけに特化しようとしていた。

でもそこには大きな問題があった。どうやら僕はニーズに合わせるという作業が好きではないらしいのだ。いろんなニーズがありそうな商品を見て、なるほど、こういう文章が好まれるのか、こういう映像が必要とされるんだな、というのは何となく掴むことができた。でもそれらを自分で作ろうという気力がだんだんとなくなっていった。

最初の頃はもちろんやる気はあった。でもそれは数字にはつながらないし、クオリティが上がっているわけでもない。そもそもこの手のものを作るということが、僕に取っては楽しいことではなく、むしろ苦痛に近いものだとわかり始めた。こんな状況ならアルバイトでもした方が、よっぽど楽で稼げると本気で思った。

自分が今までやってきたことを副業にする、その難しさや壁の厚さに気づいた瞬間だった。

お金は残らなかった…でも?

結果的に僕は、映像と文章を副業にすることを辞めた。理由は、それらを副業にすることが好きではないから。ものすごくシンプルな理由だけど、絶対に覆せない大きなものだった。でもこの副業に挑戦したことで、得られたものもあった。それは、僕が好きなものがわかったことだった。

誰かのために、映像や文章を作るのは好きじゃないな。そんなことを思いながら、映像を作っていたとき、自然と頭に浮かんだ。

「こんなのじゃなくて、ああいう映像が作りたいなぁ。」

あれ?僕の好きなことって…もしかして…。そこからは早かった。自分の好きな映像や作り方を調べて作り始めた。知り合いに見せて、コメントをもらい、直してまた作るということを繰り返した。楽しかった。そう、僕の好きなことはとても単純だった。僕の好きな映像を作ること、それだけだった。

文章も同じだった。誰かに向けた文章じゃない。僕が心から思っていることを、伝えたいことを文字にすること。それが僕の書きたい文章だった。そう気が付いてからは、文章の更新ペースや、文章の内容が変わった。

お金を稼ぐという目的を取り除いたら、一気に作ることが楽しくなった。映像も文章も。僕が好きじゃなかったのは、映像を作ることでも、文章を書くことでもない、お金のために何かをすることだった。確かに副業には失敗したかもしれない。でも副業に挑戦したからこそ、僕は今、自分が楽しむために映像や文章を作ることができている。

お察しの通り、自由に使えるお金は相変わらず少ないままだ。でもそれ以上に、自分の人生に大切なこと、自分の人生の幸せみたいなものが見えてきた気がするのも、きっと間違いじゃない。

未来に向けて

最後に少しだけ将来の話を。今現在、僕は映像や文章でお金を稼ごうとしていない。いや、正確には将来的にお金が稼げることを目指している。それはスキルを得るということ、経験を積むということとも置き換えられる。今は目の前を映像や文章を、楽しんで、熱中して、真剣に作る。そしてその先に、自分の中にたまったもので、それを本業なり、副業という形にできればいいと思う。

本当に映像で稼ぎたいのか、文章で稼ぎたいのか、そんな問いは今はあえて置いておく。ただ必死にしがみついて、走り続けた先でしか、見出せない答えもあると思うから。だから今はただ、いい映像を、いい文章を、作り続けていくことだけが僕の目標であり、人生の楽しみになっている。

僕が『花束みたいな恋をした』にハマらなかったワケ

f:id:becinema:20210215185032j:plain

 

※この投稿は映画のネタバレありの超個人的感想です。気分を害されそうな方は、読まないことをお勧めします。 

 

久しぶりの投稿が、映画の感想になるなんて、思ってもみなかったですね。

というわけで見てきました、『花束みたいな恋をした』。

hana-koi.jp

僕の周りでも見た人は、心を良くも悪くも動かされていて、僕もこれは多分見なきゃいけないんだろうなぁと思って見にいきました。

どんな作品かは公式サイトを見て貰えばいいと思うのですが、男女二人が出会ってから別れるまでを描いた物語です。別れるってことは物語の冒頭から示されるので、どう別れることになるのか、っていう過程を見せる感じですね。

この中で、かつて自分がした恋愛に二人を重ねて、心が動かされる観客が多いというわけだと思います。僕も過去の恋愛を結構引っ張るタイプなので、絶対刺さるやつぅ…と思って見にいきました。

ただ結論から書くと、そこまで刺さりませんでした。

 演技と演出

この映画、基本は主人公である有村架純菅田将暉の演技で構成されています。この二人の演技はめちゃよかったです。組み合わせ的に『何者』っていう映画を彷彿させる瞬間もありましたが、ちゃんと同棲してるカップル、それもうまくいっていない二人が演じられていました。

という感じなので、僕が刺さらなかった理由は演技ではなく、映画の演出でした。この映画の演出で頻繁に行われるのが、「反復」と「差異」です。簡単にいうと、似たようなシーンをちょっと変化させて後から見せるってやつです。

この演出、この映画で多用されます。例えば、二人で同棲を始めた時に、二人でベランダで語らうシーンがあります。これを、二人が別れそうなタイミングで、同じベランダで、同じアングルで再現します。こうすることで、二人の関係性の変化が目立って、別れが近づいていることを観客に感じさせられるってわけです。

ただラストシーンでの演出が個人的にはくどかった。

ファミレスでの山場

二人が別れ話を切り出すシーンがこの映画の山場となっています。それは、かつて告白が行われたファミレスを舞台に始まります。ただし、以前と同じ席は空いておらず、別の席に座りながらですが。

ファミレスに入るまでの1日を共にしていた二人は、今日は楽しかったことを伝え、今まで一緒にいた時の写真を二人で見返したりします。

ここね、僕個人的にすごいグッときました。観客でもわかるんですけど、この後二人は絶対別れ話をするんですよ。さらに言えば、別れなきゃどうしようもない状況だってことも観客は知っている。「別れるという正解」が完全に導き出されているシーンなんです。

でも今までの写真とか思い出を振り返っていると、楽しかった時の感情とか、思い出が一気に蘇ってきます。それで思うわけですよ。「なんでこんなに楽しかったのに、別れなきゃいけないんだっけ?」って。そこで菅田将暉が演じる山音が言うんです。

「俺、別れたくない」

うわぁぁぁああああああ!!ここが僕のピークでした。完全に虜です。めちゃめちゃ個人的な話ですが、僕自身のこれまでの恋愛って、基本的に振られる側だったんです。で、振られる時に思うのが、「今までめっちゃ楽しかったじゃん…?」なんですよ。確かに相手には別れるほどの理由があるんですけど、めっちゃエゴイスティックに「なんで楽しいのに別れようとするんだよ?」って思うんですよ。それで、なんとか続けられないかと、もがき始めるわけなんです。

山音のもがきは「プロポーズ」でした。恋愛としてはうまくいかなくても、生活を共にする家族ならうまくいくかもしれない。そう思って、有村架純が演じる八谷に結婚を申込わけです。最初はただのわがままで傲慢なアイデアのように思いますが、少しずつ八谷も納得しかけます。

その理由が個人的な僕の考えに結構近くて驚きました。要するに、世の中で結婚している人たちって、恋愛とかじゃなくて、生活を回していく協力者じゃないかと。恋愛でなく、空気のような存在になって、互いの不満などを乗り越えながら生活していけばいいじゃないかと。

この考えは僕も結構賛同しています。大前提として、恋愛としての関係を保ったまま結婚して生活をしている方々もいらっしゃると思います。ただ全ての結婚関係にある人がそうかと言うと、僕はそうではないと思います。やっぱり妥協で結婚し続けている人たちも一定数いると思うからです。

そんな話をされるうちに、八谷も「結婚ならアリかもしれない」と考え始めます。ただ間違いなく、そこに恋愛感情はない。そういう関係としての、妥協としての結婚生活を受け入れるか否かという話です。

ここまでは、僕自身の恋愛経験も重なったのもありますが、すごくよかったです。なんとか二人の関係を保てないかともがく山音と、説得されかける八谷。ただ一番の問題はこの後。この話の終着点への向かい方でした。

「反復」と「差異」の往復ビンタ

八谷が山音の提案に乗ろうかとしたとき、二人がかつて告白した席に、若い男女二人組が着席します。大学生ぐらいに見えた二人は、席を譲り合い、二人の好きなアーティストなんかの話を始めます。そして靴はお揃いの白のジャックパーセル

そうなんです。この二人のやりとり、かつての山音と八谷がしていたものの「反復」なんです。全く同じ席、全く同じ話(アーティストなどは最新版ですが)、全く同じ靴、唯一異なる、「差異」は、その席に座っている二人です。これでもかと言うほどに、「反復」と「差異」の大量投入でした。その大量投入を、山音と八谷は目の前で見せられるわけです。

これが、ここだけが、個人的には余分でした。確かに、妥協の結婚に流れそうになった二人を食い止める「何か」が必要になります。ただそこで、露骨にその「何か」を映画として提示してくるわけですよ。

「ほら、そんな結婚しちゃっていいの?」と言わんばかりに観客と山音と八谷を煽ってくるわけです。まるで道案内をしてくれるような、言うなれば感情のガイドラインですよ。

「そんなもの見せるな!」と僕は思ってしまいました。なぜなら最初に言ったように、菅田将暉有村架純の演技は素晴らしかったからです。そして若い二人が現れるまでにも、山音と八谷のこれまでの関係性の振り返りは十分にできていたからです。スマホで写真見ながら、気づいたら泣いてしまう。二人のこれまでを振り返るのは、それだけで十分ではないか、と僕は感じてしまいした。

その結果、この映画のラストシーンの山場にも関わらず、僕は苦笑いしてこのシーンを見ることになってしまいました。そしてそれは、この映画全体の印象として、「ハマらなかったな…」と思わせるものでもありました。

ただ、別れが決まってから別居するまでの生活は素晴らしかったです。別れた方が、良い関係性になれた、と言う皮肉的な展開になっています。もちろん言い分ばかりを切り取って見せているので、そういう風に見られるってだけなんでしょうけどね。

最後に

というわけで『花束みたいな恋をした』の個人的な感想でした。一番刺さるであろう部分に刺さらなかったこの映画は、なんというか惜しいという感じでした。映画のセリフを引用するならば「ここまでの過程は美しかった。しかしあと一歩届かなかった。」でしょうか。

僕としてはこの映画を通して、自分の過去の恋愛を振り返るいいきっかけになったと思います。彼女目線から見た男性の振る舞い=かつての僕のエゴイスティックさが、嫌と言うほどわかりました。またここから、いい恋愛できるように頑張っていきます。

有村架純菅田将暉の演技は素晴らしいので、ぜひご覧になってない方はご覧になってください。

「正義」は「正義」のままでは届かない

f:id:becinema:20210119134116j:plain

「○○をしてはいけません」

世の中に溢れる定型句だ。僕たちは小さい頃から、この言葉たちと共に生きてきた。自分がされて嫌なことを人にしてはいけません、食べ残しをしてはいけません、遅刻をしてはいけません。世の中のあらゆることに対して、この定型句は利用されている。でも、この言葉の無力感が、どうも最近の僕には感じられる。

「○○をしてはいけません」では、無くならない

人殺しをしてはいけません。飲酒運転をしてはいけません。ここにゴミを捨ててはいけません。全て日本に住む多くの人が認知しているものだ。でも、これらが日本から消え去ったことはない。毎日のように、事件や事故は起きるし、地域でのトラブルも絶えない。みんながみんなわかっていることなんだけれど、「〇〇をしてはいけません」で「〇〇」が消え去ることはない。

特に最近だと、SNSでのそれが目立つ。「〇〇してはいけません」というよりかは、「〇〇」を取り上げて、それがどれだけひどいことなのかをつらつらと述べるという感じだ。そういう意味で言えば、この文章すらも、「〇〇してはいけません」という対象を取り上げて批判しているわけだから、同じようなものだと思う。うぅむ、難しい。

「〇〇」がどれだけひどいことか、それに声を上げることは僕自身は大賛成だ。これってめっちゃ大きくいうと、デモとかに繋がるのかもしれない。例えば「戦争はやめよう!」と叫ぶデモに対して、それで戦争が無くなることはないのだから無意味だ、という人もいるけれど、僕は個々人が「戦争はやめよう!」と思っているのなら、それを声にすること自体に、なんの是非も許可もいらないと思う(こうなると暴言までOKか?となるのだが、その議論はまた長くなるので今回は置いておく)。

ただ僕が気になるのは、なんのために「デモ」、つまり声を上げているかだ。自分が気に入らないことに対して、声を上げることが目的ならそれはそれでいい。ただし、世の中や社会の仕組みから、その対象を取り除いたり、改善しようとしているのならば、それでは足りないのではないか?と思う。

「〇〇をしてはいけません」で、「〇〇」が無くなることはない。もちろんこれまでの歴史を見たらそういう事例もあるかもしれないけれど、ほとんどの「〇〇」は生き残っていると思う。もし世の中から消えた、もしくは消えかけている「〇〇」があるのならば、それはきっと、「正義」が「正義」でなくなったからなんじゃないかと思う。

「○○をしてはいけません」という「正義」

「○○をしてはいけません」という考え方は、多分圧倒的に正しい。こういう形で論じられるものって、大多数の人に害を与えうるものだと思うから(さっき言った殺人とか、飲酒運転とか)。そういう意味で、これは「正義」とも言える。社会に生きる上で、多くの人が守り、尊重するものだ。でもこれは時として、役に立たない。

「正義」を振りかざされることは、時としてうっとしいからだ。「正論」と言い換えてもいいかもしれない。世の中にはたくさんの「正論」が溢れている。でもその全てを僕たちはできているだろうか?答えは多分Noだ。守れているものもあれば、守れていないものもある。いつもは守っているのに、ときには守れないものもあるだろう。

なぜ「正義」や「正論」を実行しないかと聞かれれば、たぶん僕たちは論破される。だって圧倒的に向こうが「正しい」のだから。だけれど、「正しい」だけで動くほど、人はできていない。「正しい」けどできないこと、やれないことは世の中にごまんとあるのだ。

それなのに、「正論」だけをひたすら振りかざすだけで、何かを変えられると信じている人もいる。僕はそういう人たちに言いたい、「多分あなたたちが思っているより人間は愚かで、怠け者だ」と。その人たちの活動や声が無駄と言いたいわけじゃない。ただその声が届かない、もしくは届いても意味のない人間は、世の中にめちゃくちゃいるのだということ。そういう人たちを変えることができるのは、きっと「正義」や「正論」ではない何かだということ。

「正義」に代わる何か

ではその何かとはなんなのか。多分社会において、この答えはまだ見つかっていない。でも僕個人としては、小さな答えを持っている。それは「文化」だ。「カルチャー」と言った方が感覚として近いかもしれない。例えば政治家が投票に行こうと言うのと、ジャニーズが投票に行こうと言うのでは、多分動く人間の層が違う。と言うか多分投票に行くという結果は同じだけど、それまでの過程やプロセスが全く異なると思う。

「政治に参加しなければ」という動機が前者だとすれば、後者はジャニーズが、もっと言えば「推しが行こうって言ったから」ということになるだろう。もちろんこれはあくまで一例だし、実際にこうなるかとはまた別の話だ。要するに、自分の関心のある「文化」や「カルチャー」の範囲に、「正義」や「正論」が形を変えて溶け込んでいるということだ。

別にジャニーズでなくとも、漫画やアニメ、映画、音楽、コスプレ、その他もろもろなんでもいい。大切なのは、それらに「正義」や「正論」が如何に溶けられるかだ。行政が何かのコンテンツとコラボして、市民にアピールすることはあるが、あれは行政がやっているという「正義」の形のままで、コンテンツに溶けていない。もちろん無意味とは言わないが、ファンとしても、いつものコンテンツと同様に接することはできないと思う。

そうではなく、その「文化」や「カルチャー」の中にあるものと、「正義」が繋がることがあると、人は動いたり、姿勢を変えたりすることがあるんじゃないだろうか。アメリカの歌手、ビリー・アイリッシュなんかも、そんな感じな気がする。彼女という「カルチャー」に触れている人たちには、行政から言わされた言葉ではなく、彼女自身から出た言葉で、初めて政治に参加しようとした人もいると思う。

「他人ごと」から「自分ごと」へ

大切なのは、「正義」が「正義」のままでは「他人ごと」として捉えられてしまうこと。「正義」が「正義」の形を無くして、自分の周りに「自分ごと」として現れるようになって初めて、動く人たちも大勢いるということ(もちろん僕も)。「正義」を「正義」として振りかざしている人たちには、そういう人たちもいることを覚えておいて欲しい。

そして同時に、SNSをはじめとする、いろんな場所で発言ができるようになった僕たち自身も、自分が声を上げるときに、ふと立ち止まって考える必要があるのだろう。僕らが振りかざす「正義」がどんな形をしているかということを。